事業紹介

地域イノベーション戦略支援プログラムについて

地域イノベーション戦略支援プログラムは、地域イノベーション戦略推進地域(7ページ参照)に選定された地域のうち、文部科学省による支援が地域イノベーション戦略の実現へ大きく貢献すると認められる地域に対して、知的財産の形成、人材育成等(ソフト・ヒューマン)を重視した支援を実施する事業です。以下のメニューから構成されており、各地域は、これらの事業を組み合わせて事業を実施することとなります。


(1) 地域構想を担う研究者の集積 地域構想を担う研究者の集積
地域イノベーション創出の源泉である研究者の戦略的配置を可能とするため、将来の地域構想を担う次世代の研究者を、国内外問わず招へいすることに対する支援です。
詳しくはコチラ >>


(2) 地域人材育成プログラムの
    開発及び実施
地域人材育成プログラムの開発及び実施
地域発の新産業創出や地域活性化の取り組みを持続的なものとするため、地域で活躍する優秀な人材の育成に資するプログラムの開発及び実行に対する支援です。
詳しくはコチラ >>


(3) 地域連携コーディネータによる
    知のネットワークの構築
地域連携コーディネータによる知のネットワークの構築
大学等の研究機関が保有する数ある優れた研究シーズから、地域の企業が求める技術ニーズと合致するものを発掘して事業化へつなげる、地域連携コーディネータの活動に対する支援です。
詳しくはコチラ >>


(4) 地域研究機関の
    研究設備・機器等の共用化
地域研究機関の研究設備・機器等の共用化
地域の研究開発活動の活性化のため、保有する研究設備・機器を地域の中小企業に開放する大学等に対して、機器の操作や利用者の技術相談を受け付けるスタッフを配置するための支援です。
詳しくはコチラ >>